白髪染めの安全性について

大公開!白髪染めのすべて

自然派、オーガニックのスキンケア化粧品を選ぶ方が増えておりますが、白髪染めも無添加と表示された物を選ぶ方が増えているとのことです。

大公開!白髪染めのすべてmainimage

MENU
ABOUT

名前:安川尚子

昨日、肩にインコを乗せた男性が公園を散歩しているのを目撃。

白髪染めの安全性について

昨今、「自然派」「オーガニック」「無添加」なる言葉が記載されているスキンケア化粧品を選び、購入されている方が多いそうです。

それは、白髪染めの世界にも!

現在、売上を伸ばしているのは、トリートメントタイプの白髪染めになります。

トリートメント成分配合の白髪隠しも人気です。

こちら→簡単ひと塗り白髪カバー“ブラシ付き白髪かくし”-ドクターシーラボ公式通販

トリートメントタイプの白髪染めは、植物由来の成分を主原料に、

ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分をたっぷりと配合した、髪にダメージを残さない白髪染めとなっております。

ですが、中には、そのトリートメントタイプの白髪染めで頭皮が乾燥し、肌荒れを起こしてしまった人もいらっしゃるとのことです。

なぜ、「自然派」「オーガニック」「無添加」の白髪染めが、肌荒れを起こしてしまうのでしょうか?

実は、「無添加」なる言葉に、大きな誤解があるのです。

「無添加」と聞くと、肌に優しく安全であるというイメージがありますが、

「無添加」との表示は、肌や髪に悪い影響を与える成分は、一切配合していないという意味ではありません。

「無添加」という意味は、

厚生労働省が指定した人体に害のある可能性がある102種類の指定成分を添加していないという意味をもつのです。

102種類の指定成分以外の保存料や防腐剤、界面活性剤などの合成化学物質を配合しても、「無添加」との表示をすることは、何ら、問題はないのです。

肌の弱い方、アレルギーをお持ちの方は、

「無添加」と表示されていても、表示成分をすべて確認してから購入されることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加